講座・イベント情報

2018年1月 イベント取材(ほっとハウス)

【スタッフ所感】

 知的障害者というところへのイメージを形成するのは、噂だったり勝手な想像であることが多い。それを学校の授業だけで学ぶことは難しく、今回の体験授業のように実際にその人を自分の目で見て感じることが何より大事であると考える。ほっとハウスの利用者にとっては日頃行っている作業、それを中学生に教えてあげたりしながら、強制的な交流をさせるわけでなく、自然と会話が発生するような穏やかで場であったように感じた。子どもたちの様子は随分と楽しそうで、感想からは「楽しかった」「また来たい」「ずっとおりたいって思った!」などが挙げられた。

 

【実施概要】

日 時:平成30年1月19日(金)  13:30-16:00

場 所:ほっとハウス

参加者:約40名

 

【目的】

 市内で活動する団体のイベントを取材し、「活動レポート」としてホームページ及びFacebook,広報紙等で取り上げる。団体とセンターとの連携効果のほか、新聞やTVに取り上げられにくい小さな活動を積極的に取材することで、団体のPRに貢献する。

 

【内容】

 知的障害者のための地域活動支援センターほっとハウスは、近隣の小・中学生を対象に職業体験を行っている。知的障害を有するほっとハウスの利用者とともに日々の作業を体験する中で、交流を図ることを狙いとしている。今回職業体験に訪れたのは加茂名中学校の1年生1クラス分。全5クラスあるを5日に分けて体験に訪れることになっている。

 


スポンサーサイト

  • 2018.05.25 Friday
  • -