講座・イベント情報

2017年10月 徳島県庁NPO法人短期研修

【スタッフ所感】

 本講座の目的は、市民活動と団体への理解度を向上させることである。参加した9名に話を聞いていくと、こういった活動に参加することが初めてである人も、大学生時代に主体的に取り組んでいる人もいるようだった。ここを選択した理由の多くは、「環境やまちづくりに関心があったから」というものであったが、各々の担当課は土木や農林、健康福祉、司書など多岐に渡っていた。最初の講義と最後の振り返りの時間を除いた2日間、藍場浜公園の東側にある道路の植木の伐採や草抜きに従事してもらったが、回収した草木やゴミは47袋分にも至った。清掃前後の見た目の変化は大きく、振り返りでも達成感は十分にあったように話をしていた。また、活動の苦労や達成感を実感してもらうだけではなく、講義や作業中の話を通して活動をすることの意義やNPOについての知識を伝えることができたのではないかと思う。振り返り後には、徳島太郎の会についての紹介と次回の活動日を伝えた。本講座をきっかけに活動に踏み出し、公務員間のネットワークを広げ、いつか業務として官民共同を果たすときがくることを願う。

 

【実施概要】

事業名:徳島県庁NPO法人短期研修

日 程:平成29年10月4日、5日

講 師:中村 英雄(NPO法人新町川を守る会理事長)

    岸田 侑 (徳島市市民活力開発センター マネージャー)

会 場:市民活力開発センター会議室、徳島市中心市街地一帯

内 容:徳島県庁職員を対象に、県内のNPO活動の現状を知る講義と中心市街地の清掃活動を実施した。

  参加者:9名

  

 【講座の開催にあたって】

 徳島県庁では、県内NPO団体の実情を新規採用職員が把握することを目的としたNPO短期研修を実施している。当センターも本講座を通して受け入れ先となり、9名の職員を受け入れた。2日間の研修プログラムであったため、NPOの状況を知るための講義と市内中心部の清掃活動を実施し、市民活動の動向の把握と実際の活動現場を理解してもらうことを目的とした。

 


スポンサーサイト

  • 2018.07.11 Wednesday
  • -