講座・イベント情報

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.07.11 Wednesday
  • -

2017年3月 決算書の伝え方(スキルアップ講座)

【スタッフ意見】
 実施した内容に関して、参加者から高い満足度を得られた。本講座を実施する上での問題点は、実施時期であったと反省する。講座実施前日までに申し込みがあったのは6団体で、その後にキャンセルが相次ぎ、最終的な参加者は2団体であった。キャンセルの理由は“多忙”であり、年度末に実施したことの悪い影響が出たと言わざるを得ない。また、センター利用者と雑談する際に講座の説明をすると「聞きたいけど忙しくて行けない」といった声も多く聞かれた。内容自体は実りのあるものだったからこそ、その内容が充分にNPOに伝わるよう時期の設定に関して再考したい。

 

【実施概要】
事業分類:研修・育成事業
項  目:スキルアップ講座
企 画 名:決算書の伝え方講座
開 催 日: 3月29日(水) 18:00-19:30
会  場:センター会議室
参 加 者:2名
実施目的:
年度末を迎え、多くの団体が決算書を作成する時期となった。NPO法人においては、所轄庁である県庁の報告様式(活動計算書、貸借対照表、財産目録)のそれぞれを作成する必要があり、各団体の会計担当者はその業務に加え、理事会での資料作成と説明、その後の総会での説明、と多忙を極めている。その現状に対して、県の支援センターである県民活動プラザでは書類作成の方法をレクチャーする講座を開いている。そこで書類づくりのサポートは図られるが、一方で理事会及び総会での配布資料の作成方法とわかりやすい説明の方法に関するフォローアップの機会も必要と考え、そこに重点を置いた講座をセンターとして実施した。また、講座を行う上でスタッフが必要な情報を収集するため、兵庫県の会計専門のNPOセンターの研修に事前参加し、適切な学びを得た。

 


| 1/76PAGES | >>